歌舞伎オンデマンド 日本振袖始 大蛇退治

歌舞伎オンデマンドで「日本振袖始 大蛇退治」を観た。歌舞伎美人での上演時間は7:15-8:08 48分で、配信の方は49分だった。この演目は2020年12月に歌舞伎座で上演されたものだが、他の演目と異なり、配信時期が遅くなっていた。

配役は、岩長姫実は八岐大蛇に坂東玉三郎さん、稲田姫に中村梅枝さん、素戔嗚尊に尾上菊之助さん。

この作品では、これまでの歌舞伎オンデマンドでの上演作品には見られなかった、あらすじや義太夫の歌詞が字幕表示されていた。しかし、義太夫の歌詞表示は、残念ながら最初の数分のみだった。

この演目の見どころは、玉三郎さんによる岩長姫の舞踊と八岐大蛇に変わってからの立ち回りであるのは言うまでもない。岩長姫が稲田姫に襲い掛かろうとする瞬間、大好物の酒の匂いに気づいて、8個のかめの毒酒を飲む様は豪快で、その後、酒に酔って髪を振り乱して舞う姿は妖艶。次第に毒が回って悶え苦しむ様はおぞましく、再び稲田姫に襲い掛かって飲み込む姿は殺気に満ちあふれたものだった。岩長姫は一言も台詞を発せず、顔の表情や体の動きだけで表現するのだから、玉三郎さんは本当に凄い。

後半、玉三郎さんが八岐大蛇になり、最初は白、ぶっ返って金と黒のうろこ模様の衣装、下は緋色の長袴に変わって、7人の大蛇の分身を伴って登場する。菊之助さんの素盞嗚尊は上は金と黒の衣装で下は白の大口袴と、視覚的に考えられていることに気が付いた。

ゆったりとしているけれど(大蛇だから動きも遅いか)、ダイナミックな立ち回りは、いかにも蛇が暴れているかのようだった。

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました